Home / ITスキル / PHP-Laravel / Laravelの立ち上げからDB作成・接続

Laravelの立ち上げからDB作成・接続

1. composer をインストールする

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer


2. メモリ不足の解消設定

$ sudo dd if=/dev/zero of=/var/swap.1 bs=1M count=1024
$ sudo chmod 600 /var/swap.1
$ sudo mkswap /var/swap.1
$ sudo swapon /var/swap.1
$ sudo cp -p /etc/fstab /etc/fstab.ORG
$ sudo sh -c "echo '/var/swap.1 swap swap defaults 0 0' >> /etc/fstab"


3. Laravelを作成

$ cd ~/environment/
$ composer create-project laravel/laravel ./xxx "5.5.*" --prefer-dist


3-2. gitでのバージョン管理

$ cd ~/environment/xxx
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "init Laravel Project"


4. WEB(Laravel)サーバーの起動・終了

$ php artisan serve --host=$IP --port=$PORT

*Ctrl + Cで終了できる
*プロジェクトフォルダ上で実行する必要がある
*–host=$IP –port=$PORTは、クラウド9用
*修正内容が反映されない場合は、サーバーをいったん終了し、
以下コマンドを実行し、サーバーを再起動させる。

$ php artisan cache:clear


5. MySQLサーバーの起動&DB作成

$ sudo service mysqld status (確認)
$ sudo service mysqld start (起動)
$ mysql -u root (ログイン)
mysql> CREATE DATABASE xxx;(DB作成)

*DB作成時にファイル名に”-“の文字列を含む場合は `を使用する。


6. LaravelのDB接続設定

Laravel のDB接続設定はファイル: config/database.php
以下が当該ファイルのポイント:

'default' => env('DB_CONNECTION', 'mysql'),

*意味:DB_CONNECTIONに記述があればそちら、なければmysqlで接続
*Laravel の環境変数は .env ファイルに記載


.envの環境変数を修正
 – TIMEZONE設定

config/app.php timezone
'timezone' => 'Asia/Tokyo',


ご参考: LaravelのREPL(対話型実行環境)

立ち上げ:

$ php artisan tinker

※終了時はExit;

*通常: $ php -a 終了時は php > exit
*Laravel上の PHP コード変更時はtinkerも再起動必須

Check Also

PHP/Laravel モデルの作成

■下準備 事前の準備として、フ …